毎年、年の暮れになりますと、お世話になったあの人にお歳暮を何を贈ろうかって迷いますよね。デパートのその時期になると、社員の人達がお揃いのハッピを来て「頑張ろう!」というような報道が季節の風物詩になるくらい、日本では当たり前の風景になってますよね。また、お世話になった人にどういうものを贈ろうかと、お歳暮選びも楽しいです。

日本ではお歳暮の時期は12月初旬から中旬とされていて、この時期にお世話になった人に贈り物をする習慣です。従来は、会社の上司や、学生時代の先生など自分がお世話になった人に贈り物をするのがお歳暮でしたが、最近ではお世話になった人もそうですが、自分の大切な友人や知人、親族などに送る傾向もあります。

そんな日本独特の「お歳暮」の由来は、日本人ならば、うんちくとして知っておいても損はないですよね。そこで、まずはお歳暮の由来と意味というものをチェックしてみましょう。

お歳暮の「歳暮」とは訓読みをすると、「歳(とし)」「暮(くれ)」となるように年の暮れと読むように、年末を表す言葉でした。由来としては、2つの説があります。

一つは、御歳暮は、お正月に家々で飾る「年神(歳神)様」の信仰に基づくものでした。つまり、祖先を敬い新しい年の豊作を祈るための供物を年末のうちに配った習慣が現代に伝わっているというものです。日本の場合は、宗教的なものではなく、五穀豊穣を祈るというのは古来から通じる神道ですから、このように神道の習慣として、それが現代に残っているという説ですね。

もう一つは、江戸時代の商売のやり方の習慣から来たものとされている説があります。これはどういうことかというと、江戸時代の買い物の方法と言うのは、掛売りでした。この掛売りの支払というのは、盆暮れの支払いということで、年の中盤と年末に支払うというのが、江戸時代の習慣でした。

例えば、家賃を大家さんに半年分を支払うときに、家賃だけではなく、半年間お世話になりました。来年もどうぞ宜しくお願いしますという感謝を込めて、何か贈り物を届けるというやり方が、お歳暮の始まりともされています。

お歳暮については、従来デパート等で買い物をして直接届ける風習でしたが、最近は直接訪問しても相手に迷惑をかける事にもなりますし、今は、インターネット通販が充実をしていますので、インターネットで調べてお歳暮を贈るという方法が効率的です。ただ、本当に大切な人、配偶者の親や仲人には、持参して、一年の御礼をすると人間関係がさらに良くなると思いますので、できるだけご挨拶にいくようにしましょう。