お歳暮は、日頃お世話になっている方に1年間の感謝の気持ちを伝えるための贈り物です。お歳暮のシーズンになると、デパートだけではなくインターネットの通信販売でも色々と魅力的な商品が売り出されます。ただ、お歳暮の場合は品物選びも大切ですが、お歳暮を贈る際は送り状を忘れずに添えましょう。特別に送り状を添える必要はありませんが、送り状のメリットはお歳暮に送り状を添えることによって、相手に感謝の気持ちをより伝えることができますので、今後の人間関係についても良好になります。したがって、お歳暮を贈る際には、できるだけ挨拶状を添えるようにすることをおすすめします。

では、お歳暮に添える挨拶の手紙には、どのようなことを書けば良いのでしょうか。そこで今回は、お歳暮の送り状の書き方と文例についてご紹介します。

年末が近づくと、多くの方がお歳暮の準備に取り掛かります。冒頭でもご案内しましたように、デパートなどでお歳暮商戦の時期になると、テレビでもニュースになるくらい、日本ではたいへん盛り上がるイベントでもあります。そもそもお歳暮とは何かというと、お歳暮は日頃からお世話になっている方に、1年間お世話になった感謝の気持ちを表す贈りものです。お歳暮を贈る際にはただ品物を送るだけではなく、感謝の気持ちを込めた送り状を添えることにより、真心が伝わると思います。一般的に、お歳暮の送り状は品物に同封して送ります。別送の場合は、品物よりも先に相手に届くように送り、お歳暮を贈った旨を伝えると良いでしょう。

次にお歳暮の送り状ですが、趣旨が1年間お世話になったことへの感謝を相手に伝えることですので、出来ればパソコンなどで作ったものではなく、手書きにすることをおすすめします。自分はあまり字が上手ではないと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、この場合極端な言い方をすれば、文字の上手とか下手とかそういうものはあまり関係がありません。真心を伝える場合にはやはり直筆が良いでしょう。また、送り状を書く時に封書なのかはがきなのか悩むところですが、送り先に気を使わせないというのであれば、はがきが無難ですし、目上の人に敬意を表したい場合には封書がおすすめです。

送り状の書き方ですが、マナーとしては一般的な手紙の構成で書くようにしましょう。つまり、相手がどんなに親しい人であっても、時候の挨拶を欠かすことは出来ませんし、また、押し付けがましい表現にならないように注意が必要です。一般的なお歳暮の送り状の構成は次のとおりです。

・頭語・時候のあいさつ
・相手への感謝の気持ち
・贈り物について
・末文・結語
・日付・著名

となります。これを実際に文章に落とし込む実例は次のとおりです。ここでは目上の人に送った場合のサンプルをご案内します。

拝啓 年の瀬もいよいよ押し詰まり、何かとご多忙の日々をお過ごしのことと存じます。
 日頃は、公私に亘り多大なるご配慮にあずかり、心より御礼申し上げます。
 つきましては、本年の言葉に尽くせぬ感謝の気持ちを込めまして、心ばかりの品物を送らせていただきます。お気に召しましたら幸いです。
 ご家族の皆様おそろいで幸多き新年を迎えられますようお祈り申し上げますとともに、来年も変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。
 略儀ながら、書中をもちまして歳末のご挨拶申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日
署名

以上お歳暮の送り状には色々なルールがありますけれども、こちらも冒頭にもご案内したように一番大事なことは、贈る相手への感謝の気持ちを伝えるということです。それをこの贈り物をすれば相手も喜んでもらえるだろうということで、お歳暮を送りますので、まずは相手にこちらの真心を伝えるという意味でも、送り状を用意するようにしましょう。