もともとお歳暮は、季節の挨拶で、日頃を世話になっている方に対して、年末に1年の感謝を込めて贈り物をするという、日本の風習です。お歳暮の起源は、江戸時代に店子や商人が、大家さんや取引先にお盆と暮れに日頃の感謝を伝えるために贈り物を届けたという風習とされて、その風習が商習慣につながったとされています。

現代のお歳暮は、お世話になった人や会社の上司、取引先などに「これからもよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈り物をするというのが現状でしたが、最近ではもっと自分に身近な家族や友人に贈るケースが増えてきています。

では、家族や友人にお歳暮を贈る場合のポイントについて考えていきましょう。

贈る時期を間違えない

まず、お歳暮の贈る時期を守るというのが、お歳暮を贈る上で最も大事なマナーの一つなので、贈る時期を間違えないようにしましょう。もちろん、贈る相手が家族や友人だから、少しぐらいずれても良いんじゃないかというのは一種の甘えです。マナーを守らないと、そういうことが出来ない人と思われてしまいますので、「親しき仲にも礼儀あり」ですから、きちんとしましょう。贈る時期としては、一般的には12月中とされています。ただ、クリスマス過ぎになると、翌年の年始の準備がありますので、25日以降は避けたほうが良いでしょう。ただ、生鮮食品の場合は逆にお正月に近いほうが良いとされています。それは商品の性格上、お正月の食卓に出されるでしょうから、鮮度の高いほうが良いからです。

贈るものの金額も気を使おう

次に、お歳暮を贈る場合には何を送れば良いのでしょうか。基本的にお歳暮を贈る場合にこういうものを送らなければ行けないというルールはありません。ただ、お歳暮はお金がかかるものですから、相手に気を使わせないようにすることも大事です。具体的には、金額的には、3,000〜5,000円程度が金額の目安です。1万円を超える場合もありますが、一般的に高額過ぎると相手に気を使わせてしまいますので、お互いの負担がかからないようにするが適切な贈り物の方法です。

相手の家族のことを考えよう

贈り物は具体的にはどういうものが良いのかということですが、ポイントは贈る側の家族構成です。まず、相手の好みをよく知った上で、次に家族構成を考えて、どういうものを贈ると喜ばれるのかということを考えてみましょう。例えば、小さいお子さんがいる家庭であれば、小さい子が喜ぶようなお菓子を贈ると言った風にです。

日本には、「心尽くし」という言葉がありますが、お歳暮はまさに「心尽くし」です。相手のことを考えて、贈る方も贈られる方も喜ばれるものを贈るようにしましょう。