お歳暮というのは、年(歳)の暮れに日頃お世話になった方へ日頃の感謝の気持ちを伝えるために贈り物をするという、日本の風習です。

お歳暮の贈る時期

具体的には、いつごろ贈ったほうが良いのかというと、12月上旬から12月20日までが良いとされています。地方によっては12月13日から贈り始める地域もあります。これは、12月8日の事始めからお正月の準備が始まり、煤払いが終わって家の中が綺麗になってすっきりした後に、贈り物をした方が先方も受け取りやすいだろうという配慮でもあります。この場合、煤払いが12月13日なので、この日以降に贈るとされています。

年末は師走でお正月の準備も忙しいので、お正月の準備が本格的に始まる12月25日までに贈ることがやはり相手に対する礼儀でもありますので、お歳暮は12月上旬から20日までに贈るという風習が日本に定着をしています。このように少し掘り下げてチェックをしてみると、いかにも日本人の気遣いが感じられますよね。

お歳暮を贈るのが遅くなってしまった場合は

一方で、年末は、贈られる側も忙しいですけれども、贈る側も同じように忙しいですから、何を贈ろうかと思って悩んでいたら、贈る時期を逸してしまったりとか、本当に忙しくてなかなかお歳暮を選ぶことも出来なくて困ったということもありますよね。

もちろん、贈る側としては日頃の感謝を込めて贈るのがお歳暮ですから本当は贈るのが間に合うようにするというが鉄則です。また、贈るのがずれてしまうというのは、とても恥ずかしいことですし、面目を失うようなことですから、そういうことにならないように心がけることがとても大切です。

でも、物理的にどうしても間に合わないということはあります。そういう場合はどうしたらいいのでしょうか。そういう場合は、一つは「お年賀」として贈るという方法があります。こちらは松の内までとされています。松の内は関東地方ですと、1月7日まで。関西地方は1月15日です。

「お年賀」にも間に合わない場合は、「寒中見舞い(寒中お伺い)」として贈る方法もあります。こちらは大寒が終わる2月3日までとされています。

お歳暮が間に合わずに「お年賀」や「寒中見舞い(寒中お伺い)」になってしまう場合には、事前に贈る相手に事情を話して、お詫びをしておいたほうが良いでしょう。また、すでに遅れているというこちらの弱みがあるので、「お年賀」や「寒中見舞い(寒中お伺い)」は、できれば配送をせずに、先方の都合を伺って直接持参した方が、先方に好印象を持たれます。もちろん、先方がわざわざお越しいただかなくても大丈夫ですと言われた場合は、配送をしてお届けしますが、その際は挨拶状をつけることも忘れないようにしましょう。

いずれにせよ遅れないに越したことはない

お歳暮は1年に1回ですから、事情があるにせよできるだけ遅れないようにしましょう。それは、遅れてしまった場合は、こちらの弱みを相手方に見せてしまう事になりますので、長い間付き合うことを考えると、こういうところが弱みと見られ勝ちになりますので、まずは遅れないということをきちんとするべきでしょう。