お歳暮は、日本の古い風習ですので、マナーというものがあります。そのマナーを守らないで、いつもお世話になっているからといって、やみくもに送ったりしますと、相手も困りますし、恥をかきます。こういうやり取りで恥をかくとあなたは何も知らない人だと思われますので、そうならないためにもぜひ、お歳暮のマナーは知っておきましょう。

誰に贈る?

まずはお歳暮というのは本来誰に贈るものなのでしょうか。昔から、盆暮れにお世話になった人に贈り物をする風習がもともとのお歳暮の由来です。現代社会ではお世話になった人はもちろん、特に親しい人にも贈る人もいますよね。基本的には日頃の感謝というのがポイントですから、特にこの人にお歳暮を贈るのがマナー違反ということはありません。ただし、結婚をしている人は、仲人に対して最低3年は贈ることが必要とされています。

また、贈る相手に不幸があった場合はどうなのか。こちらも贈る側や贈られる側が喪中であったとしても、お歳暮のやり取りは特に問題がありません。ただ、先方に不幸があったことが気になる場合は、先方に事前に断りを入れた後に時期をずらして寒中見舞いの形で贈るやり方がスマートです。この場合の時期としては、松の内以降立春までとされています。具体的には1月1日から2月4日なので、一般的には1月中には相手方に贈るのが良いと思います。

のし紙は?

お歳暮の贈り物に掛ける「のし紙」は、紅白の5本又は7本の花結びに熨斗が付いたデザインのものとなります。このデザインは、一般的に花結び祝いといいます。表書きは楷書体で書き、献辞(上書き)は水引中央結び目の上に「御歳暮」と書き、名前書きは水引中央結び目の下に献辞よりやや小さめにして「フルネーム」を書きます。

お歳暮の贈り方は気遣いが必要

贈り方は、従来はあらかじめ贈る方の都合を伺って、直接先方に持参するものでしたが、最近ではデパート等買ったお店から直接配送されるようになりました。こちらについても、気のおけない相手であればこのやり方でも良いですが、日頃お世話になっている方へ贈る場合には、お歳暮に挨拶状をつけるか、或いはお歳暮が届く頃に挨拶状を手紙やはがきとして、送るというやり方が相手に対する礼儀となります。

お歳暮の贈る時期

では、お歳暮を送る時期はいつごろがいいのかというと、11月末日から遅くとも12月20日までには先方に届くようにしましょう。もし、忘れてしまったり、時期が間に合わなかった場合には、お年賀として松の内まで(1月6日)に贈ります。ただ、遅れるというのは恥ずかしいことですから、なるべく忘れないようにきちんと覚えておくことが大事です。

やはりお歳暮の贈り方は社会人の資質を問われますので、きちんと気配りをして贈るように心がけましょう。

  • 市営地下鉄烏丸線「四条駅」と阪急京都線「烏丸駅」に直結の徒歩1分、四条烏丸交差点すぐの商業施設「COCON烏丸(古今烏丸)」にある、老香港酒家京都(オールドホンコンレストランキョウト)は中国広東省で育まれた広東料理の伝統を引き継ぎながら 最新のトレンドを融合した香港料理の本格中華レストラン。本場さながらの『香港スタイル』をお楽しみください。
  • 京都の観光でタクシーをお探しなら、聖京都観光タクシーがおすすめです。当社はベテランドライバーがガイドつきで京都をご案内いたします。3時間でまわるお手軽なコースから、10時間かけてじっくり楽しむコースまで。お客様のご予定にあわせたさまざまなコース・プランをご用意しています。リピーターのお客様・初めてのお客様にもご満足いただいております。ご予約お待ちしております!
  • 川崎でスナックをお探しなら、progress(プログレス)がオススメ。当店は川崎駅徒歩6分。和をイメージした内装。ジャズのBGMで落ち着く雰囲気。常連のお客様はもちろん、新規お店を開拓したい方、出張や転勤で川崎に来られた方、接待やご友人同士でも安心。あなたにやすらぎのひとときの場をご提供します。ぜひお気軽にご来店ください。
  • 刀剣の買取なら、刀剣買取情報.comをご覧ください。当サイトは刀剣好きによる、刀剣についてのウェブサイト。刀剣は骨董品と古くから美術品の価値があり、江戸時代の大名も高価なおくりもので利用されてきました。美術品としての価値は、その形、地鉄の冴え(質・色合い・焼き入れ)、鍛え、刀文の美しさと冴え、手持ちのよさ、切れ味、その他錆びや傷などの総合的な評価で結論が出されます。また、それとは別に、歴史的に名の残る刀であるかどうかを評価する方法もあります。歴史的人物所有のものであれば、グンと価値は高くなります。このような刀剣の高価買取、売却のテクニックなど刀剣にまつわる情報が豊富にあつまっています。