お歳暮は、日本の古い風習ですので、マナーというものがあります。そのマナーを守らないで、いつもお世話になっているからといって、やみくもに送ったりしますと、相手も困りますし、恥をかきます。こういうやり取りで恥をかくとあなたは何も知らない人だと思われますので、そうならないためにもぜひ、お歳暮のマナーは知っておきましょう。

誰に贈る?

まずはお歳暮というのは本来誰に贈るものなのでしょうか。昔から、盆暮れにお世話になった人に贈り物をする風習がもともとのお歳暮の由来です。現代社会ではお世話になった人はもちろん、特に親しい人にも贈る人もいますよね。基本的には日頃の感謝というのがポイントですから、特にこの人にお歳暮を贈るのがマナー違反ということはありません。ただし、結婚をしている人は、仲人に対して最低3年は贈ることが必要とされています。

また、贈る相手に不幸があった場合はどうなのか。こちらも贈る側や贈られる側が喪中であったとしても、お歳暮のやり取りは特に問題がありません。ただ、先方に不幸があったことが気になる場合は、先方に事前に断りを入れた後に時期をずらして寒中見舞いの形で贈るやり方がスマートです。この場合の時期としては、松の内以降立春までとされています。具体的には1月1日から2月4日なので、一般的には1月中には相手方に贈るのが良いと思います。

のし紙は?

お歳暮の贈り物に掛ける「のし紙」は、紅白の5本又は7本の花結びに熨斗が付いたデザインのものとなります。このデザインは、一般的に花結び祝いといいます。表書きは楷書体で書き、献辞(上書き)は水引中央結び目の上に「御歳暮」と書き、名前書きは水引中央結び目の下に献辞よりやや小さめにして「フルネーム」を書きます。

お歳暮の贈り方は気遣いが必要

贈り方は、従来はあらかじめ贈る方の都合を伺って、直接先方に持参するものでしたが、最近ではデパート等買ったお店から直接配送されるようになりました。こちらについても、気のおけない相手であればこのやり方でも良いですが、日頃お世話になっている方へ贈る場合には、お歳暮に挨拶状をつけるか、或いはお歳暮が届く頃に挨拶状を手紙やはがきとして、送るというやり方が相手に対する礼儀となります。

お歳暮の贈る時期

では、お歳暮を送る時期はいつごろがいいのかというと、11月末日から遅くとも12月20日までには先方に届くようにしましょう。もし、忘れてしまったり、時期が間に合わなかった場合には、お年賀として松の内まで(1月6日)に贈ります。ただ、遅れるというのは恥ずかしいことですから、なるべく忘れないようにきちんと覚えておくことが大事です。

やはりお歳暮の贈り方は社会人の資質を問われますので、きちんと気配りをして贈るように心がけましょう。